歯科治療の選択肢

歯科治療で失った歯に対応

失った歯を補うための歯科治療

歯科診療において、失った歯の代わりにブリッジ治療をする事があります。ブリッジは周囲の歯に負担をかけてしまう点や毎日の手入れの面倒さが発生してしまいますが、装着も気軽に出来る他、何より保険診療内で可能なので治療費の負担が少ないでしょう。一方でインプラントは自己診療な為、1本当たり30万円程度が相場でもあり、気軽に出来る治療法ではありません。しかし、一度治療をしてしまえば、半永久的に持続できる事や自然歯と同様な噛み応えが出来る点で様々なシーンで精神的な負担が少ないでしょう。インプラント専用の歯科医師やクリニックも今は多く、身近になりつつある治療法です。

インプラントとブリッジ

歯科では失った歯に対していくつもの方法で治療が可能です。保険診療内で収めたければ、「ブリッジ」を勧める医師も多いでしょう。費用面で保険診療の枠で3割の自己負担で可能な為、経済的に心配な人でも気軽に治療ができるでしょう。しかし、周囲の歯に負担をかける点では寿命を縮めてしまうリスクがあります。一方でインプラント治療は保険診療の枠を超えた画期的な治療法で、インプラント専門の歯科があるほどです。自然歯と同様の噛み応えや使用状況によっては半永久的な効果が期待できる点では精神的な負担が少ないでしょう。ただし費用がどうしても高額にはなります。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科治療で失った歯に対応 All rights reserved