歯科治療で重要な検査

歯科インプラント治療前に

歯科インプラントの事前説明

歯科インプラントは、歯が抜けてしまった部分にチタンを手術によって埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療です。同じ歯がないところに行う入れ歯治療よりも、本物のような質感を出すことができ、見た目も噛み心地も自然です。歯科インプラントは、事前にコンピューターを使ったシミュレーションをすることで、患者さんがどのように治療を行うのかを分かりやすく説明する先生もいます。シミュレーションした位置にチタンを埋め込むことで、より精度の高い、安全な治療法も開発されています。三次元的に骨の状態を把握することで、成功率も高まります。

インプラント治療での重要事項

インプラント治療を行なう場合には事前に検査を行い、治療シミュレーションを行なってから手術が行なわれます。重要なのは歯科に導入されている検査設備です。現在のインプラント治療ではCTは必須となっており、CTの機能によって検査の精密さや正確さはかわってきます。3Dで画像を表示するタイプのものも多く普及しており、導入している歯科では高い精度の検査を受けることができます。シミュレーションがしっかり行なわれるとスムーズに手術が行なわれることにつながるため、体への負担を軽減することができ、手術の成功率も高くなります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科治療で失った歯に対応 All rights reserved