歯科治療の保険適用

歯科でのインプラント治療

歯科治療における保険適用条件

インプラント治療で保険が適用される場合には、一定の条件を満たす必要があります。例えば病床数が20以上や当直体制が整っていること、歯科または口腔外科で5年以上の治療経験を有する等がありますが、基本的には大学病院などが当てはまります。また治療をする人も病気や事故などにより広範囲の顎の骨を失った状態などの条件が必要になります。そのためインプラント治療を近所の歯科クリニックで行う、と考えるのあれば保険が適用されないと考えておくと良いです。しかし治療費を少しでも安く、と考えるのであれば医療費控除を行うことでいくらかお金が戻ってくるので、負担を減らすことが出来ます。

インプラントの保険適用について

歯科医院でのインプラント治療は高額というイメージを持つ人が多いでしょう。なぜかというと保険が適用されず、自由診療としてあつかわれる場合がほとんどだからです。平成24年から、一部保険が適用されることになりましたが、事故や病気などで顎が大きく欠損した場合などに限られるので、一般的にはハードルが高いといえます。なぜ一般的に適用されないのかといえば、ほかの歯科治療法としてブリッジや入れ歯があるので、審美的な意味合いが含まれているとして、インプラントまでは適用は必要ないという考え方があるのです。現在の財政財源の面を考えてもいたしかたのない面もあるのかもしれません。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科治療で失った歯に対応 All rights reserved