矯正歯科を短期間で

見えない器具で矯正歯科

一般の歯科とは違う矯正歯科の役割

悪い歯並びでかみ合わせが悪く、きちんとかみ合わせがでずない歯並びを良くするのが矯正歯科です。悪い歯並びは見た目だけでなく、食べ物をうまく噛めない、ことばが明瞭でない、むし歯になりやすい、口臭などの問題が出てくるので治療の必要があります。治療は主に矯正装置を用いて歯や顎の骨に力をかけて、ゆっくり動かして治します。矯正歯科はこの他にも顎の骨の変形などの手術も行うこともあります。歯だけでなく、顎の機能すべてに関わっています。

矯正歯科で扱うマウスピース治療

矯正歯科の中には、マウスピース矯正を使って治療を行っているクリニックがあります。マウスピース矯正というのは、樹脂でできた透明なマウスピース型の器具を歯に装着する治療方法です。マウスピースは患者さんの歯型から設計したオーダーメイドで、治療の進行に合わせて付け替えていくことで歯を少しずつ動かします。マウスピースを使った矯正治療では、他人から見えにくいということに加えて自分で簡単に着脱ができ、ブラシで洗えるので衛生的に使えるというメリットがあります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科治療で失った歯に対応 All rights reserved